コロナウイルス対策

① 講師は、日々の体調管理に努め、手洗いなどの衛生管理を徹底。

  風邪の症状など体調不良の場合は自宅待機

 

② 頻繫に人が接触する箇所を定期的に消毒。

 

③ 教室は定期的に換気。

 

④ 教室の入り口に消毒液を設置。

 

⑤ 入室者全員マスク着用

 

⑥ 教室内の座席は、隣の席との距離をあけ、パーテーションでの仕切り。

 

● 希望者にはオンライン授業も行っています。